So-net無料ブログ作成
検索選択

手軽に口臭を解消する方法?

口臭を解消するのに手軽なのが、口臭スプレーやブレスケアなどの口臭ケア商品です。ブレスケアは、臭いのきつい料理や、アルコールのあとなどに、口の中をすっきりさせて、口臭を解消してくれます。また、カプセル状のブレスケアは、噛まずに飲んで、お腹の中から口臭を解消してくれます。

こうした商品でケアをする以外にも、いつも口にする食品で、口臭を解消することもできます。牛乳は、魚や肉などの生臭い臭いを消してくれますし、ニンニクやニラなどを食べたあとのきつい口臭を解消してくれます。今すぐ口臭を解消したい、という時は、梅干しが適任です。梅干しは、口臭の原因となるたんぱく質を分解してくれたり、細菌が活発になるのを防いでくれます。

また、食後に飲むお茶も、口臭を解消する働きをしてくれます。お茶の成分である、カテキン類や、ビタミン類、フラボノイドなどには、強力な消臭効果があります。ミネラルを豊富に含むアルカリ性のお茶は、食事によって酸性に傾いてしまった口の中を、きれいな状態にしてくれます。

また、お茶にはフッ素が含まれているので、歯を丈夫にするのにも一役かいます。食後に日本茶を飲むことは、とても理にかなったことだというのが良くわかりますね。健康にも良いこれらの食品を、上手に取り入れ、賢く口臭の解消をしたいですね。

円形脱毛症のためのシャンプー選び?

円形脱毛症のためのシャンプー選びは、慎重に行う必要があります。

間違ったヘアケアでは、頭皮や毛根に負担をかけ、よけいに円形脱毛症が進んでしまいます。

特に女性の場合、ヘアケア製品を色々と使い、ダイエットなども手伝って、円形脱毛症や生え際が薄くなるなどの症状が出る人も増えていますから、髪の毛の過剰なケアにも、注意が必要です。

円形脱毛症には、シャンプーも刺激の少ないもの、化学成分の使われていないものを選ぶことが大切です。

頭皮と髪の毛を傷めずに、汚れだけを落とす、薬用成分のシャンプーを使うのも良いでしょう。

円形脱毛症にはシャンプーのし過ぎも良くないと、間違った考えをする人もいるようですが、円形脱毛症にシャンプーは大切です。

皮脂の分泌だけでなく、髪の毛からは、さまざまな老廃物や、水道水に含まれる有害物質、また、外出の際に付着する埃や花粉、排気ガスやヘアスプレーなど、いろいろな汚れが汗と一緒に排出されてきます。

これらをシャンプーによってしっかり落とさないと、雑菌が繁殖したり、細胞が酸化するなどして、円形脱毛症の症状が悪化してしまいます。

円形脱毛症を毎日のシャンプーでケアする為には、スカルプや育毛用の頭皮や毛根もケアできる、髪全体に優しい成分の円形脱毛症用のシャンプーを選び、丁寧に洗髪するようにしましょう。

いびきを歯列矯正で治療する方法

いびきに歯列矯正治療が効果がある場合があります。歯列矯正は、歯並びに問題があったり事故や虫歯が原因で歯並びが崩れてしまった場合などに、矯正器具を使って歯列を改善する治療です。

いびきと歯列矯正とは、一見関連がないように思われますが、歯列の悪さが原因になって、いびきに繋がることもあります。

歯列が悪いと口が閉じづらく、無意識のうちに口呼吸になってしまいます。そうすると、鼻がうまく機能できなくなり、鼻疾患になってしまうことが増えます。普段から口呼吸をしていると、寝ている時も自然と口で呼吸をするようになり、知らないうちにいびきの原因になってしまいます。

こうしたことが原因となっている場合、いびきが歯列矯正治療で軽減することは充分に考えられます。歯列矯正で上下の顎のバランスをとり、口が閉じるように治療すると、口輪筋や口腔周囲筋、舌のバランスも改善し鼻呼吸が上手にできるようになります。このことが、いびきや睡眠時無呼吸症候群を改善に導きます。

審美の側面や噛み合わせの不都合による健康面での心配から、歯列矯正を受ける人が増えています。いびきも歯列矯正治療でなおすことができれば、美しい口元と健康が同時に手に入ることになるいびき治療法となりますね。

加齢臭はノネナールという物質が原因?

加齢臭はノネナールという物質が原因です。私たちの体には、潤いを保つために皮脂線がありますが、そこから分泌される皮脂には、バルミトオレイン酸という脂肪酸が含まれています。このバルミトオレイン酸に、過酸化脂質が混じり合い、酸化・分解されてできるのが、ノネナールです。

バルミトオレイン酸は、若い頃にはほとんど存在しませんが、40代を過ぎるころから、分泌される量が増加します。また、年齢を重ねるにしたがって、肌は疲れやストレスの影響を受けやすくなり、皮脂汚れも溜まりやすくなります。肌の抵抗力も弱っていくことから、ノネナールが発生しやすい状態になっていきます。

加齢臭はノネナールが放つ臭いなので、ノネナールがほとんど検出されない30代までは、感じることのない臭いなのですが、その名の通り、年齢が重なってくると、男女の区別なく感じられるようになってきます。ただ、一般的に男性の方が女性よりも加齢臭を放つ悪条件が重なりやすいので、加齢臭は中高年男性特有のもの、と思われやすいようです。

加齢臭の原因・ノネナールは、皮脂から滲み出てくるので、表面的な対策だけでは防ぐことができません。ノネナールの発生をできるだけ抑えるように、生活習慣から見直すことが大切です。

血圧を下げる飲み物といってまず思い浮かぶもの?

血圧を下げる飲み物といってまず思い浮かぶのが、お酢ではないでしょうか。

お酢には血圧を下げる効果があることがわかっています。これには、アデノシンという物質が作用しています。

お酢の主成分である酢酸が細胞に取り込まれるとアデノシンが発生するのですが、このアデノシンが血管の壁に作用して、血管が拡張します。

そのため、血流が良くなり、血圧も下がります。ただし、お酢の血圧を下げる効果には継続性がありません。

血圧を下げる飲み物としてお酢のドリンクを飲む時は、一日当たり大さじ1杯の量で良いので毎日継続して飲み続けることが大切です。

黒酢ドリンクや、バナナ酢、りんご酢など、さまざまなお酢の飲み方がありますので、好みの物を見つけて毎日の習慣すると良いですね。

また、最近血圧を下げる飲み物として注目されているものに「トマト酢」があります。トマトには、血管を拡げ、血液の流れを良くする働きがあり、お酢と併せて飲むことで、血圧を下げる効果が期待されます。

トマト酢が苦手であれば、食塩無添加のトマトジュースを飲むのも良いでしょう。

その他、お茶やコーヒー、ココアなども、手軽に飲める血圧を下げる飲み物として知られています。

飲みすぎは良くありませんが、嗜好品を楽しみながら血圧を下げることができれば一石二鳥になりますね。

ゲンタシンは水虫薬ではないの?

ゲンタシンはアミノグリコシド系の抗生物質の軟膏です。

細菌を殺菌する作用があり、けがや火傷、手術後の細菌感染の予防と治療に用いられます。

また、腫れものや、化膿性のとびひ、皮膚病、にきび、ヘルペスに効果があります。

しかし、細菌を殺す薬といっても、ゲンタシンで水虫を治療することはできません。

ゲンタシンで殺菌できる細菌には、水虫の原因である白癬菌は含まれません。

白癬菌は、カビの一種であり、特別な特徴をもつ、細菌であるために、他の細菌とは異なり、ゲンタシンでは水虫は治せません。

水虫治療するには、抗真菌剤を用います。

薬局などで手軽に買うことができますが、水虫に良く似た皮膚病も少なくありません。

自分だけの判断で水虫と決めつけるのではなく、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

水虫は、早期に適切な治療と予防策を打つことで、完治することもできます。

家にあるゲンタシンで水虫を治そうなどと思わず、水虫には水虫に効果的な薬を使用してください。

特に、水虫がだんだん悪化してきて、ぐしゅぐしゅとしたり、痒みや痛みが我慢できない程になってきたら、化膿止めではなく、白癬菌を殺すための薬を塗らなければ治りません。

まずは病院を受診すること、そして、症状にあった適切な薬を用いること。

水虫治療のためには、これが大切です。