So-net無料ブログ作成
検索選択

いびきを歯列矯正で治療する方法

いびきに歯列矯正治療が効果がある場合があります。歯列矯正は、歯並びに問題があったり事故や虫歯が原因で歯並びが崩れてしまった場合などに、矯正器具を使って歯列を改善する治療です。

いびきと歯列矯正とは、一見関連がないように思われますが、歯列の悪さが原因になって、いびきに繋がることもあります。

歯列が悪いと口が閉じづらく、無意識のうちに口呼吸になってしまいます。そうすると、鼻がうまく機能できなくなり、鼻疾患になってしまうことが増えます。普段から口呼吸をしていると、寝ている時も自然と口で呼吸をするようになり、知らないうちにいびきの原因になってしまいます。

こうしたことが原因となっている場合、いびきが歯列矯正治療で軽減することは充分に考えられます。歯列矯正で上下の顎のバランスをとり、口が閉じるように治療すると、口輪筋や口腔周囲筋、舌のバランスも改善し鼻呼吸が上手にできるようになります。このことが、いびきや睡眠時無呼吸症候群を改善に導きます。

審美の側面や噛み合わせの不都合による健康面での心配から、歯列矯正を受ける人が増えています。いびきも歯列矯正治療でなおすことができれば、美しい口元と健康が同時に手に入ることになるいびき治療法となりますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。