So-net無料ブログ作成
検索選択

加齢臭はノネナールという物質が原因?

加齢臭ノネナールという物質が原因です。私たちの体には、潤いを保つために皮脂線がありますが、そこから分泌される皮脂には、バルミトオレイン酸という脂肪酸が含まれています。このバルミトオレイン酸に、過酸化脂質が混じり合い、酸化・分解されてできるのが、ノネナールです。

バルミトオレイン酸は、若い頃にはほとんど存在しませんが、40代を過ぎるころから、分泌される量が増加します。また、年齢を重ねるにしたがって、肌は疲れやストレスの影響を受けやすくなり、皮脂汚れも溜まりやすくなります。肌の抵抗力も弱っていくことから、ノネナールが発生しやすい状態になっていきます。

加齢臭はノネナールが放つ臭いなので、ノネナールがほとんど検出されない30代までは、感じることのない臭いなのですが、その名の通り、年齢が重なってくると、男女の区別なく感じられるようになってきます。ただ、一般的に男性の方が女性よりも加齢臭を放つ悪条件が重なりやすいので、加齢臭は中高年男性特有のもの、と思われやすいようです。

加齢臭の原因・ノネナールは、皮脂から滲み出てくるので、表面的な対策だけでは防ぐことができません。ノネナールの発生をできるだけ抑えるように、生活習慣から見直すことが大切です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。