So-net無料ブログ作成

高血圧改善の料理に積極的に取り入れたい栄養素?

高血圧は料理を工夫することで、塩分の過剰摂取やカロリーのとり過ぎを防ぐことが大切です。

高血圧改善の料理に積極的に取り入れたいのがカリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラルを多く含む食材です。

カリウムには余分なナトリウムを排泄する働きや血管拡張作用もあります。ただし、腎臓病を患っている患者さんは高カリウム血症を発症する可能性が高くなりますので注意が必要です。

マグネシウムは、摂取不足だと高血圧に繋がることがわかっています。また、マグネシウムには、カルシウムの吸収を良くして働きを高めるため、血圧を下げる効果が期待できるとされています。

カルシウム不足の状態が続くと、骨を溶かして血液中のカルシウムを一定に保とうとする作用が働き、その結果、血液中のカルシウム濃度が高くなることで血液の流れが悪くなる、ということが起きます。そのために、高血圧になりやすくなります。

ですから、カルシウムを取ることも高血圧の改善に繋がるのです。

また、高血圧には料理に玉ねぎやニンニクを使ってアリシンによる血液サラサラ効果と血管の拡張効果を高めることも効果的です。

血液サラサラ効果と血管の拡張作用はお酢にも期待できます。また、サバ、イワシ、サンマなどの青魚にも血液サラサラ効果があります。

これら、高血圧に効果的な成分を含んだ食材を毎日の料理に取り入れるように工夫して下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0